« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月27日 (日)

ミーちゃん大捜索

昨日は、大寒波で山間部では大雪。市内も雪がちらつく寒さとなりました
気になるニャンコ達、先週会えなかった「チャトラン」。「ゴージャス三毛」の登場で、もう2週間も会えなくなった「ミーちゃん」が気になります。
いつもの場所で口笛を吹き続けると、チャトランが出てきました~~
Dscf6722 Dscf6725
「会いたかったよ~」 元気そうな様子でした
Dscf6730 Dscf6746
甘えん坊で、いつも膝の上に上がってきます。  モモコの食事を眺めています
口笛を吹き続けましたが、ミーちゃんの姿はありませんでした。
場所を移動していると・・・・
Dscf6733
チャトランの後ろから・・・女番長「ゴージャス三毛」が近づいていましたヤバい
Dscf6737
この付近に居ると、ミーちゃんがまた恐れて逃げてしまう事になります。
ひとまず、お腹一杯になると姿が見えなくなりました
ミーちゃんは必ず、いつもの場所付近にいる。口笛を吹き続けると・・・いた~~~~
ミーちゃんが出てきました
Dscf6752
2週間振りの再会です。元気な様子でした
ちょっと痩せた感じですが、凄い変化がありました。これを見て分かりますか?
Dscf6765 Dscf6774
今まで警戒してたのに、体をこすり付けてきました 寂しかったんでしょうね。
Dscf6766 Dscf6754
兄妹仲良く、物凄い勢いで食べていました。  食後は仲良く遊んでいましたよ
海岸にあった発砲スチロールを置くと。
Dscf6770
「ニャンだか、温かいニャ~
この時、「チャコママ」は直ぐ近くにいました。心配なんでしょうね
今日は、ミーちゃん、チャトランに再会出来て安心しました

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2019年1月14日 (月)

ミーちゃん固まる

日、月と連休となりました。春を思わせる天候で気持ち良かったです
いつものように、見守り隊に出掛けました。
ここ2ヶ月くらい、チャトランとミーちゃんの兄妹は、同じ場所で仲良く過ごしています
昨日も同じ場所に居ましたが、事件が発生しました
いつものように、兄妹出て来ましたが、ミーちゃんが一転を見つめて固まっていました。
Dscf6690 Dscf6693
その視線の先には、女番長「ゴージャス三毛」がいました。この辺りに来ることは、滅多にありません。
Dscf6689
ミーちゃんは多分、ママとチャトラン以外の猫を見るのは初めてではないかと思います。
ただでさえ、臆病で猫見知りのミーちゃん、食事も全く喉を通りませんでした
Dscf6695
チャトランは気にもせづ、ご飯を食べていましたが、ミーちゃんは結局一口も食べず、逃げていきました。今日も珍しく、ミーちゃんの姿はありませんでした。岩穴に引きこもっているのか、違う場所へ移動したのか心配です。
この後、チャコママが助けに?来ましたが、相変わらず「シャ~シャ~」言っていました。
Dscf6659 Dscf6662
チャトランはいつも好奇心旺盛。海辺まで付いてきました。 「危ないよ~」
Dscf6702 Dscf6705
バッグの中にも入ってみたい年頃  「入れるかニャ~~」
Dscf6700
Dscf6677
天気が良くてまったりとしてきました 
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2019年1月 4日 (金)

今年も宜しくです。

明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします
年末年始休暇6連休も今日で終わりですが、連日見守り隊に出掛けてきました
「ミーちゃん」、「チャトラン」の子猫兄妹は元気にしていました
Dscf6596 Dscf6591
チャトラン君、また大きくなったかな? そしてついに、ミーちゃんに触る事が出来ました
Dscf6547
「何するニャ~~」と言いつつ、  すっかり慣れてきましたよ
甘えん坊のチャトラン、もうベッタリですね~
Dscf6599 Dscf6617
「膝の上は、温かいニャ~~」 喉をゴロゴロ全開でした
ベテラン猫の「モモコ」と仲良くなって、行動を共にしていました。モモコよりも大きくなってます
Dscf6606 Dscf6608
元旦には、久しぶりに「チャコママ」とのツーショットも見れました
Dscf6582
左は、チャコママ。                  右は、チャトランです。
こんな格好をするのは、この親子以外では見た事はありません(笑)
Dscf6579 Dscf6613
ボスニャンコ「シロ君」が、1ヶ月以上姿が見えなくなったのが心配です。
明日から仕事ですので、今年も頑張っていきます。よろしくね

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »