« ハンバーグ | トップページ | 今日のネコさん »

2011年4月22日 (金)

辛い現実

本日も訪問ありがとうございます

今日の新聞の記事に、こんな辛い悲しい記事がありました。

              『最後のエサ  牛に「ごめん」』

福島原発の20キロ圏内を22日から立ち入り禁止に。21日に牧場経営者は、130頭の

牛たちに「最後の餌」を与えた。経営者は「何もしてやれずに、ごめん」と牛たちに詫びた。

与えたのは1日分のみ。牛が飲まず食わずで生きられるのは、約1ヶ月が限度という。

子牛の牛舎を見ると生後3ヶ月の牛が栄養不足で死んでおり、別の1頭が絶えそうな息で

横たわっている。掘った穴に死んだ子牛を埋め、瀕死の子牛の背中をずっと、なでた。

「ごめんな、ごめんな」涙が、止まらなかった。

最後の世話を終えた経営者は「1頭でも生かしてやりたかったけど、もう無理みたいです。

次に来るときは、野垂れ死にしている牛たちを見るのでしょう。辛いです」と。

今朝、この記事を読んで本当に、胸が詰まりました。飼い主さんにとっても、辛い現実だと

思います。復興も少しずつは進んでいるのでしょうけど、まだまだ、被災者の方でないと

分からない、辛い現実が沢山あるのだと改めて思いました。

|

« ハンバーグ | トップページ | 今日のネコさん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

胸が痛い・・・涙がこみ上げて・・・辛いね・・・・

投稿: Hana*花 | 2011年4月22日 (金) 21時22分

Hana*花さんへ
花ちゃん、コメントありがとうございます
本当に、辛いことですね。1ヶ月以内にでも一時帰宅が出来れば、餌を与えることが出来るのに・・
このまま餓死してしまうなんて、あまりにも辛すぎます。

投稿: | 2011年4月22日 (金) 21時39分

こんばんは

本当に可愛そうです。

動物たちが幸せでない世界は
人間も幸せではないです。

飼い主さんの気持ちを思うとつらいです。
我が家の子達がこんな目に遭ったら
私は絶対立ち直れない・・。

投稿: マリーちゃん | 2011年4月23日 (土) 00時18分

こんばんは。
目の前で衰弱してゆくの見ているだけで
何もしてあげられない不甲斐無さ、
経営者の方は慰めても、謝っても
牛が助からない事を知っているんですもんね。
掛ける言葉が見つかりません。。

投稿: なないろねこ | 2011年4月24日 (日) 19時04分

マリーちゃんへ
こんばんは、いつもありがとうございます
マリーちゃんの言うとおり、人間も動物も幸せで
なければなりませんね
動物も家族の一員ですから、お気持ちはよく分かります。

投稿: | 2011年4月24日 (日) 20時33分

なないろねこさんへ
こんばんは、いつもありがとうございます
目の前で衰弱していくのを何も出来ずに、ただ見ているしかないなんて、どれほど辛い事でしょうね。
考えるだけで、胸が痛みます。

投稿: | 2011年4月24日 (日) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 辛い現実:

« ハンバーグ | トップページ | 今日のネコさん »